採用情報 Company


  • 新卒採用ボタン
  • キャリア採用ボタン
社員メッセージ
  • 社員メッセージ1
  • 社員メッセージ2
  • 社員メッセージ3

Message3

中長期的なスタンスのもと
ユーザーとしっかりと向き合い、商工中金のITインフラを一手に支え続ける


2013年入社 基盤第二部(オープン系インフラ構築)


転職理由、やりたかったこと

前職では、SIerでサーバおよびネットワークインフラの設計・構築フェーズに特化した部門に所属しており、主に官公庁の業務システムのインフラや大学のイントラネットの導入等を行ってきました。短期間(おおよそ3か月~6か月)かつ構築フェーズのみでプロジェクトを渡り歩き、ユーザーとの間には元請けSIerが存在するため、導入したシステムがどのように使われているのか、どのような評価をいただいているのか、気にはなりましたがプロジェクトが解散してしまうと確かめる術がありませんでした。
そのため、SIerではなく、よりユーザーに近く、システムの評価を聞くことができたり、業務がどのように変わったのかが分かるポジションで仕事がしたいと考えるようになりました。

当社を選んだ理由、決め手

親会社との結びつきが強く、元請けとして商工中金のシステムを一手に引き受けていますので、ユーザーとの距離が近く、継続的に関われるのではないかと思い入社しました。
また、転職活動中、様々な会社に話を伺いましたが、IT企業には珍しく、ワークライフバランスを本当に実践していると感じたことも要因の一つです。

入社後の担当業務、やりがい

入社後、親会社である商工中金の情報系システムのサーバおよびネットワークインフラの導入を行う部門に所属しています。プロジェクトには元請けとして参加し、要件定義から保守、そして導入したシステムの次回リプレースにも携わっています。元請けとしてプロジェクトに参加することで、ユーザーとの距離が近く、使い勝手や評価をいただくことができるようになり、高評価をいただいたときの喜びと、うまくいかなかったときの悔しさもモチベーションになっています。
また、システムのライフサイクルが一周するまで携われるようになりましたので、前職に比べ担当するシステムおよびアーキテクチャ、ユーザーに対し、時間をかけてじっくり向き合うことができるようになりました。
私が入社した2013年当初こそ、既存のオンプレミスで構築されたWindowsサーバのリプレース案件が殆どでしたが、近年は情報系システムの重要性が増し、シンクライアント基盤の導入や、Amazon Web Service(AWS)を利用した情報系システムのクラウド化など、新技術の導入も進んでいます。私自身もAWSの導入に携わり、プロジェクトを通して新技術に触れ、スキルアップを図ることができました。


今後の展望や抱負

今後、オンプレミスで導入したシンクライアント基盤をMicrosoft Azure上でDaaS化したり、MS365の利用を開始するなどの計画もあり、一昔前の「金融機関のシステム」=「枯れた技術の集まり」という認識を覆し、新技術の導入はますます進んでいくものと思われます。
そのため、新しい技術動向のキャッチアップ行い自身のスキルアップを図ることで、いつアサインされても対応できるように準備を行っています。